電気・電力辞典

X線
(えっくすせん)

病院で胸のX線撮影をしたことがあるでしょう。X線は電磁波の一種で、透過力の強い放射線です。これは、偶然なことから発見されました。発見したのはドイツの物理学者レントゲン。1895年、陰極線の実験をしているとき、実験装置のそばにあった蛍光紙が緑色に光っているのを見つけたのです。なにか正体不明の放射線が出ていると考えたレントゲンは、これをX線と名付けました。彼の名前をとってレントゲン線とも言われます。X線は病院の中か、空港の荷物検査、金属内部の様子を探るときなど、いろいろなところで活躍しています。


戻る
TOPへ戻る

copyright