電気・電力辞典

原子力発電所
(げんしりょくはつでんしょ)

原子力発電所の原理は火力発電と同じです。火力発電所のボイラーにあたるものが原子炉で、この中でウラン燃料が核分裂を起こして熱をつくっています。この熱により水を水蒸気に変え、タービンを回し、電気をつくっているのです。わずかな量の燃料で大量のエネルギーを生み出し、一度燃料を入れると、少なくとも、1年間連続運転ができます。そのため、原子力発電はベース電力を受け持っています。
火力発電と違うのは、核分裂によって放射線が出ること。そこで放射線により周辺環境に影響が出ないように、原子力発電所の設計、建設、運転は安全を最優先にしています。


戻る
TOPへ戻る

copyright