電気・電力辞典

核分裂
(かくぶんれつ)

ウラン235の原子核が中性子を吸収すると、分裂して2つの原子核に分かれます。これを核分裂といいますが、このときに大量の熱エネルギーが発生します。ウランの原子核が核分裂する前後の重さを計ってみると、分裂後の方がわずかに軽くなっています。この軽くなった分がエネルギーに変わったのです。


戻る
TOPへ戻る

copyright