電気・電力辞典

レントゲン装置
(れんとげんそうち)

病院でおなじみのレントゲン装置はX線によって人間の体を透視して、外から見えない体内の様子を撮影する機械です。X線は1895年にドイツの物理学者・レントゲンによって発見された放射線で、最初は正体が何かわからなかったので、X線と名付けられたのです。レントゲン撮影は胸のほか、胃や腸、歯などの検査にも使われます。1回のレントゲン胸部撮影によって受ける放射線の量は0.05ミリシーベルト程度です。


戻る
TOPへ戻る

copyright