電気・電力辞典

余剰電力買取制度
(よじょうでんりょくかいとりせいど)

低炭素社会の実現に向けて、太陽光の導入拡大を図るために、平成21年11月1日より「太陽光発電の新たな買取制度」が開始されました。
お客さまが設置した太陽光発電設備から発生する余剰電力(自家消費した分を差し引いた余りの電気)は、法令で定める条件により電力会社が買い取るというものです。


戻る
TOPへ戻る

copyright