電気・電力辞典

有効電力と無効電力
(ゆうこうでんりょくとむこうでんりょく)

交流の電気がモーターを回すとき、入ってくる電力が100%仕事をしてはいません。電力の一部は仕事をしないで、そのまま元の電線に戻ってしまいます。
このように実際に仕事をする電力のことを有効電力、仕事をしないで帰るムダな電力を無効電力といいます。これは交流電気がコイルなどを通るとき、電圧電流の同期に少しズレがあるからです。メーカーは電気製品を作るときは、無効電力を少なくするよう、いろいろ工夫しています。


戻る
TOPへ戻る

copyright