電気・電力辞典

電気
(でんき)

電気の力に、最初に気が付いたのは、紀元前600年ころのギリシャ人といわれます。首飾りの琥珀が埃など軽いものを引きつけることを知り、琥珀に不思議な力があると考えました。その正体が静電気の力ということは、16世紀になってやっとわかりました。「電気とはいったいなんだろう?」静電気の発見のあと、多くの科学者が電気の研究に取りくみました。「電気にはプラスとマイナスがある」「も電気の一種だ」。少しずつ電気のことがわかってきました。19世紀、電池の発明で電気学は急速に進歩を遂げます。電気が光と同じスピードで伝わることも証明されました。19世紀の末に電子が発見され、いろいろな電気の現象は、電子の移動によって起こることがわかりました。


戻る
TOPへ戻る

copyright