電気・電力辞典

架空地線
(がくうちせん)

送電鉄塔の一番上を走っている線を架空地線といいます。これは送電線の直撃から守るためのもので、避雷針と同じ役割をしています。グランドワイヤーともいいます。送電線に雷が落ちると、広い範囲で停電事故が発生します。そこで送電線路には、架空地線などの避雷装置を取り付けて落雷による被害を防いでいます。


戻る
TOPへ戻る

copyright