電気・電力辞典


(かみなり)

空に上昇気流が発生すると、雲の中の細かい氷の粒が摩擦しあい静電気がたまります。雲の上の方にはプラス、下の方にはマイナスの静電気がたまり、その量が巨大になりすぎるとプラスとマイナスの電気が引き合い、空中で放電します。これが雷です。放電するときに出る光が稲妻、周囲の空気を破って放電するので、そのときに発生する振動音が雷鳴です。
この放電が雲と地上との間に発生すると落雷となります。雷の電圧は1億ボルトもあります。


戻る
TOPへ戻る

copyright