電気・電力辞典

回路
(かいろ)

正式には電気回路。電気の通り道のことです。回路という言葉で、すぐ思いつくのは分電盤の回路数でしょう。分電盤に配電用遮断器[安全ブレーカーともいう]が8つ付いていたら、あなたの家の回路数は8つということになります。分電盤から8本の電気の道路が出ているのです。電気はそれぞれの道を通って目的地に到着。そこで電気器具を動かして、再び分電盤へ帰ってきます。1回路には20アンペア以上の電気は流せません。専用回路という言葉も知っていますね。たとえば、電子レンジの専用回路。電子レンジは大きい電気が流れるので同じ回路で電子レンジのほかに器具を使うと、20アンペア以上の電気が流れて、安全ブレーカーが切れることがあります。そのため、電子レンジ用の電気が通る道を電子レンジ専用回路といいます。


戻る
TOPへ戻る

copyright