電気・電力辞典

加圧水型原子炉(PWR)
(かあつすいがたげんしろ)

原子炉の型のひとつ。原子炉の中で発生した熱で水(冷却材)は高温になりますが、加圧器で高い圧力をかけるので水は炉の中では沸騰しません。そのため、加圧水型といわれます。
高温高圧の水は蒸気発生器へ送られ、原子炉の水とは別の系統の水を使って、高温高圧の蒸気をつくり、タービン発電機へ送り電気をつくります。関西電力の原子力発電所は加圧水型です。


戻る
TOPへ戻る

copyright