電気・電力辞典

内燃機関
(ないねんきかん)

自動車のエンジンを思い出してください。じつは、頑丈な鉄製のエンジンの中では、気体になった燃料[ガソリンや軽油など]が爆発[燃焼]しているのです。その熱エネルギーが自動車の走る原動力なのです。このように、エンジンの内部で燃料を燃やして動力を生み出すものを内燃機関といいます。ガソリンエンジン、ディーゼルエンジン、ジェットエンジンなどが内燃機関の仲間です。エンジンの中で燃やすので、燃料は液体や気体に限られます。


戻る
TOPへ戻る

copyright