電気・電力辞典

燃料電池
(ねんりょうでんち)

水を電気分解すると酸素と水素が発生します。その逆の原理で、酸素と水素とを化学反応させて電気をつくるのが燃料電池発電です。
化学エネルギーを直接電気エネルギーに変換するため効率がよく、燃料の酸素は大気中にあるものを利用し、水素は地球上に様々な化合物の形で存在しており、そこから取り出して利用します。
分散型電源として注目されています。宇宙船の電源として実用化されています。


戻る
TOPへ戻る

copyright